今や日本でもおなじみに

さて、スペイン料理として最後にご紹介するのは、今や日本でも段々知られるようになり、軽食としての地位を確立しつつあるであろう「トルティーヤ」と、「チョリソー」です。まず始めに紹介するトルティーヤは、スペイン語ではトルティージャと言い、平たく焼いたオムレツのような卵の生地にジャガイモ、タマネギ、ベーコンなどの具材を炒めたものを挟んだものをさした料理で、日本でも最近ではよくコンビニのホット食品として見かけるように為りました。持ち運びながら食べられることから非常に食べやすい点が人気を招いているようです。もう一つのチョリソーの方は、主に豚肉で作られたソーセージの一種で、その特徴として多くのスパイスを配合しているためにピリっと辛いイメージがあると思いますが、実はスペインにおけるチョリソーは別に辛い必要はなく、赤い色もパプリカで付けられている事が多いため、本場のスペインで頼んで辛くなかったからと言って偽物だと思わないようにしたいところです。その使い道はそのまま酒のつまみとして使用したり、あるいは料理の具材としても使用される、スペインでは非常にメジャーな食材の一つとして数えられています。

カタログハウスの通販生活
お気に入りの通販サイトはこちら