地中海に面した豊かな土地で振舞われる料理

スペイン料理と一口にいっても、この国は気候に大きく幅があるために、文化や風土や習慣が違っているために、材料が大きく作用されるため、一概にこれがスペイン料理だ、とは言えない傾向があります。例えばカスティリアでは焼いた物がメインですし、パレンシアは地中海に面しているため魚介類が多く使われ、アンダルシアでは揚げ物が多いという傾向があります。そんなスペイン料理の共通の特徴としては、ニンニクやオリーブオイルが使用されているという傾向があります。そこでここからは、そんな風土豊かなスペインで振舞われる料理について詳しく見てみたいと思います。