パスタやピッツァだけじゃない?イタリア料理

皆さんは、イタリア料理と言うとどういうものを想像しますか?おそらく、非常に多くの方が想像するイタリア料理はパスタや、あるいはピッツァなどの料理だと思います。これらの料理にも共通していることですが、イタリア料理の大きな特徴として、トマトやオリーブオイルなどが使われている場合が非常に多いことが挙げられます。しかし実際はそれだけではなく、地域によっては海鮮類がよく使われている場合もあります。そんなイタリアですが、この国は日本と同じように長い間都市国家であったり小国が分立していたために、地域ごとに非常に色の違う料理が出来るということも特徴としてあげられます。さて、このイタリア料理を食べる時に、実は日本と非常に近い特徴があります。それは、マナーの面において日本人の持っている感覚に非常に近いということです。例えば、スープをすする際に音を立ててしまうのは印象が悪いですし、タネや皮などを口から出すのもマナーが悪いと言われているので、普段持っているマナー感覚で臨んでも、フランス料理などと違ってある程度は対応出来るのが親しみ深いところでしょう。さて、こんなイタリア料理について、やはり有名なパスタとピッツァについて特に詳しく見ていきたいと思います。