ビールのつまみにオススメは?

さて、ドイツと言えばやっぱりなにより最初に思い浮かぶのは、ビールですよね?このビールの本場のドイツなのだから、やっぱりビールのつまみとして最適な料理が有るはずです。そこでここでは、ドイツ料理の中でも特にビールのつまみとしてあいそうなモノを紹介していきたいと思います。まず最初に紹介するのは、ヴルストです。ヴルストとは、有り体に言ってしまえばソーセージのことなのですが、通常我々がよく口にするソーセージとは違っていて、皮が厚く、そのままかぶりつくということは出来ません。そのため、ナイフとフォークを使って皮を切り取り、中にある肉を食べるというものです。このヴルストにも種類があり、通称白ソーセージと言われる珍しい白色のソーセージである「ヴァイスヴルスト」や、何にでも合うことに定評のあるカレー味の「カレーヴルスト」など、いずれもビールのおつまみとして食べるのに調度良いものになっています。そして、もう一つのオススメはレバーケーゼという肉料理です。これは、ひき肉と香味野菜やスパイスを併せて型につめ、蒸し焼きにした料理で、少量のレバーが含まれているため、独特な風味を持っており、ビールにもよく合う一品になっています。ビールと合わせなくてももちろん美味しく、パンなどに挟むとより美味しく頂けます。